« 2018年 栃木県桜巡り① | トップページ | 「修羅の都」を読んで »

2018年5月 8日 (火)

2018年 栃木県桜巡り②

3.那須那珂川河畔公園、黒磯公園

 矢板ICから那須ICに行き東急ハーベストクラブ那須に泊まる。翌4月6日は曇りで雨が降りそうな中を那須IC近くにある那珂川河畔公園に行く。

Img_6293Img_6295Img_6292 ここは平成5年に整備された公園で、那珂川河川敷には野球場やサッカー場が何面かあり、堤防にはソメイヨシノがたくさん咲いており満開だった。

Img_6291Img_6287Img_6288 堤防を隔てた場所が日本庭園などの公園になっている。日本庭園の清水池のほとりには紅しだれさくらが咲いていて、曇天にふさわしく風情があった。三春の滝桜の子桜が植栽されているというが、この桜かどうかは判らない

 那須山側の崖の上は黒磯公園で、らせん状の100段あるという「ふれあい橋」という階段で黒磯公園に行けるようになっているが、100段もの階段を往復するのは大変なので、回り道をして車で黒磯公園に行った。黒磯公園は昭和32年開園だそうで、300本以上のソメイヨシノの巨木が並んでいる。

Img_6296Img_6297Img_6298 100段階段のあるふれあい橋のはるか先に、那珂川河畔公園のソメイヨシノがよく見えた。那須連山も見えるというが今日は曇り空で、遠くは見えなかった。


Img_6299Img_6301aImg_6300 今年の黒磯さくら祭はこの公園で明4月7日から22日までの期間で夜はライトアップもされるそうで、ぼんぼりも沢山ぶら下がっていたが、始まる前に満開になってしまっている。

 今日は曇りで花見気分ではなく、晴れていれば素晴らしかったと思う。桜を墨絵で書いている女性が居た。「今日はあいにくの天気で残念ですね」と話しかけたら、「でも家が近いからまた天気の日にも来ようと思っています」と言っていた。

4.那須烏ヶ森公園

Img_6305Img_6306Img_6303Img_6304 黒磯公園から烏ヶ森公園に行く。最初は行く予定はなかったが桜がソメイヨシノを中心に1300本もあると聞いて行くことにした。ナビに烏ヶ森公園駐車場と入れて行ったのだが、閑散としていた。こんなものかなと思いながら坂道を上り、山頂にある烏森神社に行く。

Img_6307Img_6308Img_6309Img_6310 途中に桜の木は何本かあったが神社付近には少ししか無く、駐車場に戻った。駐車場の先の山のヘリ近くにソメイヨシノの林があるのを見かけて近くに行くと、道路に覆いかぶさるようにソメイヨシノのトンネルが続いていた。しかし曇天の下ではあまり見栄えは良くなかった。

 帰宅してからネットをよく見直したら、停めた駐車場は神社に行く駐車場で、山の反対側に大池という池がありそこにも駐車場があるらしかった。その付近には日本庭園や洋風庭園があり、池の周辺には桜もたくさん咲いていてそこが本来見ようと思った場所だったようだ。とにかく最初に行った駐車場には桜まつりの幟や案内ポスターなども無く、市の観光課や観光協会は不親切だと思った。

E 那須塩原市役所のホームぺージに掲載されていた烏ヶ森公園の写真を転載する。

来年以降機会があれば見に行きたいと思っている。

 

5.大田原龍城公園

 那須塩原市烏ヶ森公園から大田原市の龍城公園に行く。この公園は戦国時代に築かれた大田原城の城跡を昭和12年に整備して出来た公園である。ソメイヨシノなど約500本が本丸跡の広場を中心に植えられている。

Img_6326Img_6311Img_6312Img_6327 駐車場を出て満開の桜を眺めながら本丸に続く広い道路を行くと「大田原城之図」という大田原城跡の大きな地図板が置かれており、近くに紅しだれが咲いていた。

Img_6313 二の丸に通じる坂道を上がっていくと、向かって左側に大きな塔が建っていた。平和の塔という名で、明治以来の戦没者の霊を慰めるものだそうである。後日ネットで調べたが、ある市会議員が参拝したという記述が1件あるだけで、忘れられた存在になっているようだった。

Img_6315Img_6318Img_6319Img_6320 二の丸から本丸跡の広場に出る。本丸を四方から囲む土塁の上にはたくさんのソメイヨシノが咲いていた。出店も出ており、曇り空だが桜を見に市民が訪れている。

Img_6322Img_6323Img_6324Img_6325 周囲にはぼんぼりが置かれて花見気分を盛り上げており、ライトアップもやるらしい。土塁の上にも小路があり、眼下に桜が眺められるようになっている。青空でないのが残念だった。

 龍城公園から国道400号線を下り、道の駅「ばとう」に出る。桜にばかり眼が行き、栃木土産の「とちおとめ」苺を買い忘れていたのに気付き、ここで買い求め、国道293号線から国道118号線に出て、水戸に帰着した。

 今回はあまり知られていない栃木県北部の桜を5ヶ所訪ね歩いて、宇都宮より南にある千手山公園だけは満開を過ぎていたが、他の4か所は満開の桜が見られたのは良かった。ただ2日間のうち最初の日は青空に恵まれたが、2日目は終日曇天で、青空の下に咲き誇る桜が見られなかったのは残念だった。

(この項終わり)

 

« 2018年 栃木県桜巡り① | トップページ | 「修羅の都」を読んで »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2419082/73369468

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年 栃木県桜巡り②:

« 2018年 栃木県桜巡り① | トップページ | 「修羅の都」を読んで »