« 2冊目の本を造る | トップページ | 花畑・菜園便り(7) »

2017年9月18日 (月)

常陸那珂港で豪華客船飛鳥Ⅱを見る

Img_5507 9月15日に昨年に引き続き常陸那珂港に入港した飛鳥Ⅱは日本最大の豪華客船である。客室は全室オーシャンビューで約半数はバルコニー付きで、充実した設備と日本船ならではの細やかなサービスでクルーズライフが満喫できるというキャッチフレーズで紹介している。(写真は常陸那珂港中央埠頭に停泊中の飛鳥Ⅱ)

Img_5453 船の大きさは全長241m全幅30mで全室海側の客室は436室で、乗客定員872名、乗組員470名、合計人員は1242名になる。総トン数5万トンという大きな船である。(写真は間近に見る飛鳥Ⅱの一部)

 常陸那珂港には昨年9月10日(土)に仙台港から横浜港にクルーズする途中初めて来港し、関係者によるおもてなし実行委員会が組織されて、おもてなしイベントが催されたことを後日聞いた。

 その時来年も来るらしいよと言われたので、ネットで調べたところ2017年9月14日(木)仙台港を15:00に出港し、15日(金)8:00に常陸那珂港中央埠頭に入港。同日17:00に出港し、16日(土)9:00に横浜港に入港する「仙台発ひたち・横浜クルーズ3日間」というクルーズがあることが分かった。

 今回の常陸那珂港おもてなしイベントは

 入港セレモニー
  入港時東海高校East Ocean Jazz Orchestra によるお出迎え演奏
  歓迎式典

 おもてなしイベント
   8:00~16:30 観光物産フェア
   飛鳥Ⅱ記念グッズプレゼント(15:00より200名限定)

 出港セレモニー 
   堀川保育園児による太鼓演奏
   大洗高校ブルーホークスによるマーチング演奏
   紙テープ投げによるお見送り

 という内容で、他に船内見学会があったが、それは8月中旬ごろまでで募集抽選が終わっており参加できなかった。

実は小生の孫娘が東海高校East Ocean Jazz Orchestraのメンバーになっているということを聞き、当日の朝早く入港セレモニーを見に行くことにした。

Img_5479Img_5481Img_5449Img_5451_2 良い天気で朝7時半ころ港に着いたが、もう飛鳥Ⅱは船尾の方を先頭にして接岸を始めていた。出港するときは船首を前にするためである。East Ocean Jazz Orchestraの演奏が始まっていたが、練習のつもりだったが、飛鳥Ⅱが早く入港してきたので、そのまま歓迎の演奏になったらしい。(写真は練習から始まった東海高校East Ocean Jazz Orchestra2景、船尾から入港した飛鳥Ⅱ2景)

Img_5458Img_5489Img_5485Img_5498Img_5499 その後東海村長の歓迎の挨拶があり、本格的なJazz Orchestraの演奏を聞いたりしてしばらく過ごす。船の乗客からもアンコールや拍手などがあり楽しい時間だった。(写真は東海村長の挨拶、Jazz Orchestraの演奏2景、船内の観客2景)

Img_5505Img_5476Img_5488 乗客のために国営ひたち海浜公園への無料バスがあり、オプショナルツアーとして大洗半日観光、袋田の滝観光、偕楽園・弘道館見学があるため、バスが何台も並んで乗客が乗り込んでいた。また旅行会社によってはここで船を降り、バスに乗り換えて別の場所に行くツアーもあるらしく旅行鞄を降ろす乗客も結構いる様子だった。(写真はバスに乗る乗客、旅行鞄を降ろした乗客2景)

Img_5503 船は12階建て(12デッキ)で、一番上がスカイデッキといってスパやテニスコート、フィットネスセンターなどがあり、その下の階がリドデッキといって食事処がある階である。3番目がアスカデッキ(10デッキ)で最高級の客室であるロイヤルスイート(今回のクルーズの一人当たり料金は420k¥)、アスカスイート(同236k¥)、スイート(同184k¥)、4番目の9デッキがバルコニー(同120k¥)、5番目の8デッキと6番目の7デッキがステートで(同84k¥)である。
 ステートクラスの部屋からは救命ボートなどがあって海は見えづらいそうである。客室はその階までで、その下の6デッキ、5デッキはシアターやライブラリー、ピアノバーなどがあり、乗客は4デッキ以下には入れないようである。埠頭と同じ高さが4デッキの高さである。(写真は飛鳥Ⅱとその前方に展示してある日立建機の建設機械)

 海が見えるバルコニーの部屋は120k¥だが2泊分の宿泊代、食事代、仙台から横浜までの旅費、船内の施設利用費や催し物への参加費などを含んでいると考えると非日常的な優雅な船旅も悪くないかなとも思われた。

Img_5504Img_5509_2 Jazz Orchestraの演奏が終わった後、まだあまり店開きしていない物産フェアを少し回って帰路についた。(写真は物産フェア会場の一部、中央埠頭のはずれの方から眺めた飛鳥Ⅱ)

(この項終わり)

« 2冊目の本を造る | トップページ | 花畑・菜園便り(7) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常陸那珂港で豪華客船飛鳥Ⅱを見る:

« 2冊目の本を造る | トップページ | 花畑・菜園便り(7) »

ibaichi (イバイチのホームぺージです)

無料ブログはココログ

ウェブページ

最近のコメント

最近のトラックバック