« 平成29年バラ園巡り(3) | トップページ | 今野敏の新刊「継続捜査ゼミ」「回帰」 を読んで »

2017年6月30日 (金)

花畑・菜園便り(5)

 
 「花畑・菜園便り」の6月の花畑・菜園の報告である。

[ 花畑 ]

Img_4770_2Img_4805Img_4834Img_4803Img_4789  4月のチューリップ、5月のクレマチス、バラの後の花畑の主役はカワラナデシコである。(写真はカワラナデシコ5景)

Img_4793Img_4791  カワラナデシコはチューリップのように明るく派手な花ではなく、群生させても薄いピンクの花はいかにも頼りなく見える。やや濃いめの赤紫花の種類は派手だが少数である。
 ナデシコは秋の七草の一つとされているが我が家では咲くのは6月である。カワラナデシコはナデシコ科ナデシコ属であるがカワラナデシコの楚々とした感じが6月の花として似合っていると思う。(写真はカワラナデシコ2景)

Img_4768Img_4776 備前堀方面の道路との境界に植えてあるさつき「大盃」も6月になると花盛りである。大きい株を4個と中くらいと小さい株を11個植えてあるが、来年は剪定をして樹形を揃えていきたい。(写真はさつき「大盃」2景)


Img_4778Img_4792Img_4861Img_4857Img_4852Img_4862 花菱草も先月と変わらず黄色と白の花が良く咲いている。クレマチスの紫、白の花もまだ新しい花をつけている。(写真は花菱草4景とクレマチス2景)

Img_4849Img_4835Img_4836Img_4851 今年は 金魚草、ゴテチャを種から育てたがやっと花がつき始めた。ゴテチャは北アメリカ原産でアカバナ科に属しているそうである。この花は色待宵草という情緒のある別名があるのだが一般的にはゴテチアまたはゴテチャと呼ばれている。(写真は金魚草とゴテチャ4景)

Img_4781Img_4808Img_4830Img_4840Img_4798_2 ラベンダーは妻が苗を2本購入して植えたものである。ラベンダーは鮮やかな紫色と心地よい香りが魅力のハーブで、本来は木なのだが、多年草として扱われている。春に挿し木で増やせるというので、枯れなければ来年はもっと増やしていこうと思っている。
 マーガレットはしばらく前に植えたものがだいぶ増えて、白い花が一群落になって咲いている。和名はモクシュンギクだそうだがあまり使われていない。(写真はラベンダー2景、マーガレット3景)

[ 菜園 ]

Img_4783Img_4787Img_4853Img_4844Img_4843 菜園の方は、玉ねぎを収穫し、馬鈴薯も雨の合間を見て収穫し始めたがまだ三分の一しか掘っていない。ブルーベリーは最盛期で、毎日小さい金網のざるに8分目くらいの収穫がある。(写真は収穫した玉ねぎ2景、馬鈴薯、ブルーベリーの木と収穫したブルーベリー)

Img_4854Img_4860Img_4845Img_4846Img_4847 Img_4848スイカは3本の小玉スイカの苗を植えたが、1本枯れてしまった。残った2本は元気に育っている。ナス、トマトも順調に育っている。(写真はスイカ畑、ナス、トマト各2景)

(この項終わり)

« 平成29年バラ園巡り(3) | トップページ | 今野敏の新刊「継続捜査ゼミ」「回帰」 を読んで »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2419082/70990565

この記事へのトラックバック一覧です: 花畑・菜園便り(5):

« 平成29年バラ園巡り(3) | トップページ | 今野敏の新刊「継続捜査ゼミ」「回帰」 を読んで »