« 伊東潤作の「江戸を造った男」「走狗」 を読んで | トップページ | 平成29年の桜①--水戸市のしだれ桜 »

2017年3月26日 (日)

花畑・菜園便り(2)

「花畑・菜園便り」の2回目である。1回目は2月9日にアップしたので、1ヵ月半ぶりである。

Img_3785aImg_3786a 2月末になると菜園の方は馬鈴薯の種芋を植え付ける。今年は2月22日に3畝植え付けた。男爵とメークインだけである。以前は北あかりも植えたが、最近は昔からある上記2品種だけで充分で、つい最近まで食べていた。それぞれ1キログラムを購入して一個の種芋を二つから三つに切り分けて植え付けると一家6人で食べる分には十分である。
 植え付ける2週間前に苦土石灰粒を鋤き込み、1週間前に化学肥料の粒と油粕を鋤き込んだ。今はまだ芽も出ていない畝だけだが、間もなく沢山出てくる筈である。

Img_3783aImg_3784aImg_3782a また春大根と枝豆を植える場所を耕してある。前号で紹介したブロッコリーは頂上の花蕾を収穫した後、側枝の花蕾が沢山出るのでそれの収穫時期である。そら豆も順調に育っている。

Img_3764aImg_3749Img_3750Img_3766aImg_3765a 我が家には水戸市から転入記念に頂いた白梅とピンクの梅の小木があり、2月中頃から花を咲かせ早春の香りをただよわせている。

Img_3761Img_3780aImg_3781a 花畑の方は3月初めからチューリップが芽を出してきており、またこぼれ種から紫のビオラが沢山芽を出し、黄色のパンジーとともに咲いている。

Img_3681aImg_3776aImg_3767aImg_3778aImg_3771a 玄関近くの花壇にはクロッカスが2株花を咲かせた。ムスカリの花も咲き出した。プランターの3種類のパンジーは今を盛りと咲いている。水仙も彼岸には沢山花を咲かせている。

 3月は長い冬の後、やっと巡り来た春を迎える時期である。黄色を主体にした花々を眺めると今年も春が来た事を実感し、4月以降の晴れやかに色とりどりの花を咲かせる草花を想像させ、楽しい気分が湧き上がって来る。

 
(この項終り)

« 伊東潤作の「江戸を造った男」「走狗」 を読んで | トップページ | 平成29年の桜①--水戸市のしだれ桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2419082/70045766

この記事へのトラックバック一覧です: 花畑・菜園便り(2):

« 伊東潤作の「江戸を造った男」「走狗」 を読んで | トップページ | 平成29年の桜①--水戸市のしだれ桜 »